国内ニュース

島田初夫容疑者の顔画像は?連続放火魔か?山火事の現場・動機は?

2021年3月13日(土)午前1時、埼玉県比企郡ときがわ町で山林の枯れ葉に火をつけ山火事を起こしたとして

 

島田初夫容疑者(60)を森林法違反容疑で逮捕しました。

 

 

島田初夫容疑者の顔画像や、事件の詳細、事故現場・動機をまとめました。

スポンサーリンク



 
 

事件の内容

2021年3月13日(土)午前1時、埼玉県比企郡ときがわ町で山林の枯れ葉に火をつけ山火事を起こしたとして

 

島田初夫容疑者(60)を森林法違反容疑で逮捕しました。

 

 

事件の詳細はこちら⇩

埼玉県警は13日、ときがわ町の山林に火を付けたとして、森林法違反容疑で、同町大附、無職、島田初夫容疑者(60)を逮捕した。先月から付近であった森林火災の一部について関与をほのめかしており、県警が関連を調べている。

逮捕容疑は13日午前1時ごろ、自宅付近の山林で枯れ葉などに火を付け、約1000平方メートルを焼いたとしている。

現場付近を警戒していた捜査員が火事を確認。不審人物として浮上していた島田容疑者に事情を聴いたところ、認めたため緊急逮捕。島田容疑者は「ライターで火を付けた」と供述している。

 

引用元:産経新聞

2021年3月13日(土)午前1時に起こった事件です。

 

 

島田初夫容疑者は自宅付近の山林で枯れ葉などに火を付け、
約1000平方メートル燃やしたそうですね。

 

 

何故このようなことをしたのでしょうか?

事件の動機は?

動機について今の所公開はされておりません。

 

ただ警察の取り調べて下のように答えており、容疑は認めているようですね。

 

「山火事を起こしたことは間違いない。ライターで火をつけた」
引用元:NHKニュース

 

動機が分かり次第こちらに記載していきます。

 

事件現場は?

事件はで起こったようです。

 

ニュースで報道されていたのはコチラです⇩

引用元:日テレニュース

 

 

あたりが黒く、焦げておりますね。

 

Google Mapsでみると枠内のどこかで起こったようですね。

 

 

 

 

スポンサーリンク



 
 

 

連続放火魔の可能性あり?

どうやら連続放火魔の可能性が出てきました。

 

ときがわ町では6件の山林火災が起こっていて、

 

そのうち3件島田初夫容疑者が関与しているようなことをほのめかしているようです。

 

コチラが周辺の火災現場です。


引用元:日テレニュース

 

これは酷いですね。

 

放火魔の心理

放火をしてしまう放火魔の心理について調べました。

 

ある心理学者によると放火魔は

 

「注目を浴びたい愉快犯の可能性がある」

 

「火をつけたい衝動を抑えられない癖かも」などと考えられるという。

 

迷惑極まりないですね。

 

逮捕されて安心しました。

 

島田初夫容疑者のプロフィール

島田初夫容疑者の情報をまとめました。

名前 島田初夫(しまだ はつお)
年齢 60歳
住所 埼玉県比企郡ときがわ町大附

職業 無職
容疑 森林法違反

 

60歳なのに何をやっているのでしょうか?

 

島田初夫容疑者は結婚をしていたのか子供がいたのか、そういった情報は公開されておりません。

 

父親が放火魔は嫌すぎますね。

 

 

森林法違反の罪の重さ

森林法違反の罪の重さついてを調べました。

 

 

森林法102条では、森林に放火したものは2年以上の懲役のようです。
さらに放火した森林が自分のものであるなら6ヶ月以上7年以下の懲役になります。

 

もっと罪を重くしてもいいと思います。

 

しっかりと罪を償ってほしいです。

 

スポンサーリンク



 
 

島田初夫容疑者の顔画像やSNSは?

島田初夫容疑者の顔画像は公開されているのでしょうか?

 

現時点では公開されておりませんでした。

 

分かり次第記載していきます。

 

フェイスブックで「島田初夫と検索したところ

 

こちらもアカウントをみつけることはできませんでした。

ネットの反応

ネットの反応はどのようになっているのでしょうか

■放火で怪我人死者がでないと重出火犯罪にならないが、山林の放火は重出火に当たるから重い刑罰を望みます

■勝手に焼く物ではない、山林火災で逮捕、容疑を認めた。下手に先月21日から1週間掛けて鎮火した足利の二の舞にもなり兼ねなかった、住民から被害届も出される、犯人は払えるか?

■足利市の大規模な山火事でこの時期に火の不始末をすると甚大な被害が出る事につながる事がよくわかった。
消し止められたといっても1000平方メートルはかなり大きい規模と言える。しかも故意に、何度も繰り返しているなら悪質と言うしかない。盛大に燃えるのが快感だったんだろうか。

■刑は消化にかかった費用全額と失った燃えてしまった(再生できない)1000㎡の木の伐採、新しい芽植え全エリアの掃除を終わるまで自費で実施にしてください。
足利の山林火災があったのにこんなこと故意でしでかすとは信じられない。

■山林に火を付ければどうなるか、60才にもなれば分かるだろう、いい年していい加減にしてくれ、もう数年は樹木は育たないだろう。
厳しい厳罰をお願いします。

■足利市の大規模な山火事で、火の不始末をすると甚大な被害が出る事がテレビで見て分かりました。無事、消し止められたといっても1000平方メートルというのはかなり大きい範囲だと言える。それを故意に、何度も繰り返しているみたいなので悪質極まりない。何が目的だったのか?盛大に燃える様子を見るのが快感だったんだろうか?いずれにしても重い刑罰を望みます。

■認知機能の低下とか良識か欠けてきたとかになると、火をつけた事による被害、損失は理解出来ないし、返済するの能力も無い。一生刑務所に入れとくには無理があるから、釈放されたら、再犯しないとも言えないから、監視でもするしか無いが、誰が監視するのかも不明。

引用:Yahooニュース

様々なコメントがありました。

 

スポンサーリンク




 

まとめ

怖いニュースでした。

 

けが人がいなかったのが良かったですが、こういった人はまた同じ繰り返しをしそうで怖いです。

 

日本の罪は軽すぎます。
もっと重くしてしっかりと罪を償ってもらいたいです。

 

 

少しでもこういった事件が減るように祈っています。