事件・事故

【一家殺傷】岡庭由征容疑者の性癖が異常すぎる 学生時代から?

2019年9月23日、茨城県境町の自宅で小林光則さん(当時48)と妻の美和さん(当時50)が殺害され、長男(当時13)、長女(当時11)が重軽傷をおった事件の犯人が
2021年5月7日に逮捕されました。

 

岡庭由征容疑者(26)を殺人の容疑逮捕しました。

 

今回は岡庭由征容疑者の異常な性癖と事件の詳細についてまとめました!

 

【顔が別人】整形疑惑の岡庭由征容疑者の画像 中学時代画像も公開2019年9月23日、茨城県境町の自宅で小林光則さん(当時48)と妻の美和さん(当時50)が殺害され、長男(当時13)、長女(当時11)...
岡庭由征容疑者の顔画像は?茨城県境町の事件現場や動機について2019年9月23日、茨城県境町で一家殺傷事件を起こした疑いで 2021年5月7日に岡庭由征容疑者(26)を殺人の容疑逮捕しました。 ...

 

スポンサーリンク



 
 

事件の内容

引用元:FNNプライムオンライン

 

2019年9月23日、茨城県境町の自宅で小林光則さん(当時48)と妻の美和さん(当時50)が殺害され、長男(当時13)、長女(当時11)が重軽傷をおった事件の犯人が
2021年5月7日に逮捕されました。

 

岡庭由征容疑者(26)を殺人の容疑逮捕しました。

 

 

事件の詳細はこちら⇩

2019年9月、茨城・境町の住宅で夫婦が殺害され、子ども2人が負傷した事件で、警察は夫婦を殺害した疑いで、26歳の男を逮捕した。

殺人の疑いで逮捕された、無職の岡庭由征容疑者(26)は2019年9月、境町若林の住宅で、小林光則さん(当時48)と妻の美和さん(当時50歳)を、複数回刃物で刺すなどして、殺害した疑いが持たれている。

警察は午後4時から会見し、岡庭容疑者の認否や供述などを明らかにしていないが、岡庭容疑者と小林さん夫婦には接点はなかったという。

これまでの家宅捜索で、化学薬品やスマートフォンなど、およそ600点を押収していて、今後犯行に至った経緯をくわしく調べる方針。

引用元:FNNプライムオンライン

2019年9月に起こった一家殺傷事件の犯人が逮捕されたnewsになります。
本当に許せない事件ですが、ひとまず逮捕されて安心しました。

 

両親を殺害されて残された子供達の心境が心配です。

 

性癖が異常?

岡庭由征容疑者のことを調べていくうちに精神面で昔から問題あったことがわかりました。

通り魔事件

岡庭由征容疑者はなんと2011年11月18日に埼玉県三郷市や千葉県松戸市で通り魔事件を起こしたことがわかりました。

 

当時の新聞です⇩

引用元:文春オンライン

 

岡庭由征容疑者は高校生だったようですね。
10年前となると16歳の時からでしょうか?

 

逮捕された当時も下記のようなことを話していたようです。

「2011年の逮捕の際、岡庭は『歩いている人を殺そうと思った』と供述。家宅捜索では20本以上の刃物が押収されました。さらに裁判では『当初は殺害し、首を持ち帰ろうと思った』『女性を襲うのに性的興奮を感じていた』など常軌を逸したような証言を繰り返していました。
引用元:文春オンライン

 

女性を襲うのに性的興奮を感じていたと話していて、もう性癖も精神的にも異常としか思えません。

 

猫生首事件

また高校生の頃に猫の生首を学校に持ってきたことがわかりました。
詳しい記事はコチラ⇩

「アイツが学校の教室に猫の生首を持ってきたんですよ。教室に人だかりができて、学校中で話題になりましたね。腐ったような変な匂いが充満していたことを覚えています。そんな中で、アイツは何事もなかったように机で寝ていた。生首を持ってきた理由は、友だちに猫の生首の写真を見せたら、『持ってきて』と言われたからだと聞きました。ナイフを持ってきたこともあったらしいです」

引用元:Friday

この文章を読むだけでゾッとします。

 

猫を殺したあと、学校に生首をもってきてさらに平然として机で寝ていたとか…。

 

これも異常な性癖からくるものでしょうか。
当時医療少年院に行ったようですが、すぐに通り魔事件を起こしています。

 

その後2019年に一家殺傷事件を起こしています。
こんな人はずっと刑務所にいてほしいです。

 

 

スポンサーリンク




殺人の罪の重さ

殺人の罪の重さについて調べました。

 

殺人の罪の重さは死刑又は無期若しくは5年以上の懲役になるようです。

 

前科もあるので無期懲役以上になるのではないでしょうか?

ネットの反応

ネットの反応はどのようになっているのでしょうか

■こんなサイコパスが普通にその辺りに歩いてたのかと思うとゾッとする。
もう2度と世に放たないでくれ。

■恨みとか男女関係とか金銭トラブルとかなら、更生もあり得るでしょう。
しかしこういう猟奇的な事件の犯人は、再犯する可能性が極めて高いと思います。
通常の少年法の処分で対応が不可なのは明らか。
刑法を厳格に適用すべきだと思います。

■死刑には出来ないのだろうか、統合失調症の様な幻聴や幻視の精神疾患と、自己顕示欲・殺害欲求が強いサイコキラーは違うと思うし、この男は後者でしょう?

■やばいやつだと分かっていながら野に放たれていたと思うと、ゾッとする。もう外に出してはいけない。

■少年法は、少年保護手続に関する刑事訴訟法の特則を規定した日本の法律。法令番号は昭和23年法律第168号、1948年(昭和23年)7月15日に公布された。 70年以上改正されない、おかしいよこの国

■医療少年院を数年で出したのが悪い。数年で精神的異常が、良くなると思わない。残虐な事件を未然に防げなかったのは、医療少年院で出しても良いと判断した人にも責任があると思います。

■命を以て罪を償うべきだと思います。
最初に犯した事件で、はっきりとコイツは世に出てはいけない人間だ。と判断はついたはず。
法が足枷にしかなっていない。

■動物を殺害する人間はいつの時代も要注意なんだよ。自由に行動させてはならない。けれどいまの法律ではなんともならない。何百年後かにはサイコパスを自由に行動させない法律が作られる事を願うのみ

引用:Yahooニュース

様々なコメントがありました。

 

 

スポンサーリンク




 

まとめ

岡庭由征容疑者の異常な性癖についてまとめました。

 

恐ろしい事件ですね。こういった事件が二度と起こらないように罪を重くしてほしいと強く願います。

 

亡くなられた小林光則さんと妻の美和さんのご冥福をお祈りします。

 

【顔が別人】整形疑惑の岡庭由征容疑者の画像 中学時代画像も公開2019年9月23日、茨城県境町の自宅で小林光則さん(当時48)と妻の美和さん(当時50)が殺害され、長男(当時13)、長女(当時11)...
岡庭由征容疑者の顔画像は?茨城県境町の事件現場や動機について2019年9月23日、茨城県境町で一家殺傷事件を起こした疑いで 2021年5月7日に岡庭由征容疑者(26)を殺人の容疑逮捕しました。 ...