事件・事故

喜多由美子さんが車で事故死した原因を徹底調査!奈良県天理市

2021年1月16日、奈良県天理市蔵之庄町の屋外駐車場で女性が車の下敷きになるといった
事故が起きました。


その事故で喜多由美子さん(72)が亡くなられました。

 

 

今回は喜多由美子さんが事故になった原因や、事故現場などについて調査しました!

 

スポンサーリンク




事件の概要

2021年1月16日、奈良県天理市蔵之庄町の屋外駐車場で女性が車の下敷きになるといった
事故が起きました。


その事故で喜多由美子さん(72)が亡くなられました。

 

事件の概要については下記のようになります。⇩

16日午後6時ごろ、奈良県天理市蔵之庄町の屋外駐車場で、近くに住む無職喜多由美子さん(72)が乗用車を駐車するため運転席ドアを開けてバックしていたところ、車外の側溝に転落し、車の下敷きになった。助手席にいた娘が119番して救急搬送されたが、肺挫傷で死亡した。

 天理署によると、喜多さんはドアを20~30センチほど開けて後方を見ながらハンドルを切っていた際に急加速し、車止めに当たった勢いで車外に放り出された。ふたがない側溝にはまり込んで身動きが取れなくなり、ひかれたとみられる。娘にけがはなかった。

引用元:KYODO

高齢者の車の事故は多いですね。

 

今回、屋外駐車場で駐車するためにバックをしていた所、車外の側溝に転落し

 

車の下敷きになったようです。

事故の原因

 

原因は急発進ドアを開けながら駐車しようとしたのが原因だと思われます、

 

勢いよく車止めにぶつかり、そのまま喜多由美子さんが車外へ投げ飛ばされ

 

そのまま車の下敷きになったといった感じでしょうか。

 

なんとも悲しい事故ですね。

 

 

事故現場は?

事故があったのは奈良県天理市蔵之庄町。

 

詳しい情報は公開されておらず、駐車場の場所は特定できませんでした。

 

下記どこかで起こったようですね。

 

 

喜多由美子さんのプロフィール

喜多由美子さんの公開されている情報まとめました。

 

名前 喜多由美子
年齢 72歳
住所 奈良県天理市蔵之庄
職業 無職

駐車場の近くに住んでいるようでした。

 

72歳と高齢者なので、喜多由美子さんの娘が助手席に乗るのではなく運転すればこういった悲しい事故にならなくて済んだのにと思ってしまいます。
何か理由があれば別ですが・・・。

 

スポンサーリンク






 

ネットの反応

この事件に対して、様々なコメントが寄せられておりました。

■今だにドアを開けてバックする人がたまにいるけど。
昔はカッコ良かった?
超危ないので本当にやめて欲しい。
関係ないけど、左折時に右に膨らむ人とか交差点の右折時に斜めに停車する人とかも自動車学校で習ってないのかなとか思う。

■ドア開けて振り向きながらブレ-キ踏むのは高齢になるにつれ身体をねじれなくなりアクセルを踏んでこのような事故になったのだろう。我が家から道路挟んだ向かいの駐車場で高齢者が同じようなことして腰、肩骨折して免許返納した。

■免許更新時の適性検査が甘いんだよ。
年齢問わずに運転操作原因の大きな事故が増えてる原因が分かっているのに、対応しない行政の責任は大きい。
80歳だって適性に合格できる人はいるはずだし、
更新運転適性試験の予備校があってもいい、
新たな雇用も生み出せるのに、天下り先ばっかり作ってる。
そろそろ不幸な事故は無くしてほしいな。

■この記事読んでも状況が想像つかない。どうやったらバック中に急加速し、車から落ち、側溝にはまり、車の下敷きになると言うのか。。
お亡くなりになったのは不安だけど関係ない人を巻き込まずに済んだのは不幸中の幸い。

引用元:Yahooニュース

事故の状況がイメージしにくいといったコメントを多く見受けられました。

 

他にも高齢者は運転すべきではないなどのコメントもありました。

 

スポンサーリンク




まとめ

やはり高齢者の方が運転スべきではないと私も思います。

 

極力若い人が運転をするように、そしてこういった悲しい事故が
なくなることを祈っています。

 

最後に亡くなられた喜多由美子さんのご冥福をお祈りします。