事件・事故

千田俊司容疑者の顔画像・ドラレコの詳細は?北海道帯広市の事故を調査!

2021年1月16日(土)北海道帯広市西17条南4丁目で交通事故が起きました。


容疑者の運転していた車が反対車線の車にぶつかり乗っていた二人に軽傷を負わせ、そのまま逃げた疑いで

 

千田俊司容疑者(74)を逮捕しました。

 

千田俊司容疑者の顔画像や経歴、ドライブレコーダーの詳細、事故の内容を詳しく紹介していきます。

 

スポンサーリンク



 
 

 

事件の概要

2021年1月16日(土)北海道帯広市西17条南4丁目で交通事故が起きました。


容疑者の運転していた車が反対車線の車にぶつかり乗っていた二人に軽傷を負わせ、そのまま逃げた疑いで

 

千田俊司容疑者(74)を逮捕しました。

 

 

詳しい内容はコチラ⇩

車を運転中に別の車とぶつかり、2人にけがをさせて逃げた疑いで、帯広市の無職の男が逮捕されました。

無職の千田俊司容疑者(74)は、16日午前9時前、帯広市西17条南4丁目で乗用車を運転していて、反対車線の乗用車とぶつかり乗っていた2人に軽傷を負わせて、そのまま逃げた疑いが持たれています。

現場は信号のある交差点で、警察によりますと、別の車のドライブレコーダーに千田容疑者の車が赤信号で交差点に入る様子が映っていました。 千田容疑者は「私のほうが青信号だった」と話し、容疑を一部否認しています。

引用元:HBC北海道放送

高齢者の運転事故は多いですね・・・。

 

16日午前9時前に反対車線の車とぶつかって、更に逃げたそうです。

 

気が動転して逃げてしまったのでしょうか?事故の原因は何か調べました!

事故の原因は信号無視?

事故の原因について調べたところ信号無視をした情報がありました。

 

それがコチラ⇩

 

現場は信号のある交差点で、警察によりますと、別の車のドライブレコーダーに千田容疑者の車が赤信号で交差点に入る様子が映っていました。
引用元:HBC北海道放送

 

更に「私のほうが青信号だった」と一部否認しているとのこと。

 

ドライブレコーダーに写っているのにすごい言い訳ですね

 

どちらにしろ逃げた事実は変わらないししっかりと罪は償ってください。

 

 

事故現場について

事故現場は北海道帯広市西17条南4丁目の交差点で起こったようです。

 

ニュースなどの情報から事故現場を特定できました。

 

詳細はコチラ⇩

 

 

道路幅も広く、わりと交通量が多そうな道路でした。

 

ニュースの画像はこちら⇩


引用元:HBC

 

 

スポンサーリンク



 

千田俊司容疑者のプロフィール

千田俊司容疑者について公開されている情報をまとめてみました!

名前 千田俊司(ちだ しゅんじ)
年齢 74歳
住所 無職
職業 無職

情報は上記のみ公開されておりました。

 

人柄も「私のほうが青信号だった」と言い張る所から、頑固な人柄なのかもしれませんね。

 

 

千田俊司容疑者の顔写真

千田俊司容疑者の顔画像は公開されているでしょうか?

 

こちらは現状公開されていませんでした。

 

公開され次第、状況を記入していきます。

 

スポンサーリンク



 

引用元:産経新聞

 

ネットの反応

ネットの反応はどのようになっているのでしょうか

別の車のドライブレコーダーに千田容疑者の車が赤信号で交差点に入る様子が映っていました。千田容疑者は「私のほうが青信号だった」と話し、容疑を一部否認しています。
ドライブレコーダーは、真実をとらえています。自分が正当で相手が悪いと嘘をつくのはやめたほうがいいと思います。また、事故を起こしてその場から逃げるのは犯罪ですよ。

■全ての車にドライブレコーダー付いたら嘘もつけないし、逃げるのもできない。
真実はひとつ!

■千田容疑者「私のほうが青信号だった」
赤信号で交差点で入る様子だったのに、見苦しい言い訳をするな!

■自分が被害者だと言うならなぜ立ち去った?
相手に文句のひとつでも言って事故処理させる為に普通は停車するだろ。

■昔はこういう人、事故たくさんあったんだろね
今はドラレコも高確率でついてるから言い逃れできないね

引用元:Yahooニュース

ドラレコがある限り、変な嘘をついても無駄といったコメントを沢山見受けられました。

 

そのとおりです。もう嘘をつくのはやめて罪を認めてください。

 

 

スポンサーリンク




 

 

まとめ

事故にあった被害者2人は軽傷とのことで安心しました。

 

車を運転する以上、いつ事故にあうかわかりません。

 

逃げたらより罪になります。そこは冷静にすぐに警察を呼ぶようにお願いします。

 

少しでもこういったニュースが減ることを願っています。