国内ニュース

長崎おひさまの森保育園にトラックが衝突?運転手の名前と顔、動機は?

2021年2月19日(金)静岡市清水区の保育園にトラックが突っ込むといった事故が起こりました。

 

事故が起こった現場、トラックの運転手の名前、顔画像、動機について調べました!

スポンサーリンク



 
 

事故の詳細

2021年2月19日(金)静岡市清水区の保育園ラックが突っ込むといった事故が起こりました。

 

事件の詳細はコチラ⇩

19日午前、静岡市清水区の保育園にトラックが突っ込む事故がありました。この事故でトラックを運転していた男性が軽傷だということです。

19日午前11時半ごろ、静岡市清水区長崎の「長崎おひさまの森保育園」で「トラックが保育園に突っ込んだ」と園の職員から消防に通報がありました。

当時、園内には何人の園児がいたかなどはわかっていませんがけが人はいないということです。またトラックを運転していた男性が軽傷だということです。

現場は見通しの良い直線道路で南進していたトラックが車線をまたいで保育園に突っ込んだ可能性があるとして警察では運転手の男性から事情を聞くなどして事故が起きた原因を調べています。

引用元:日テレニュース

保育園にトラックが突っ込むといった驚きの事故がありました。

 

なぜこのようなことが起こったのでしょうか。

事故現場の保育園名は?

事故が起こったのは静岡市清水区にある「長崎おひさまの森保育園」です。

 

報道されていたのはコチラの画像です⇩

引用元:日テレニュース

入り口あたりが大破損してますね…。

 

当時園内には子供がいたとのことでしたが、幸い怪我人はいなかったようです。
怪我人がいなくて安心しましたが、園児は物凄い音でびっくりしたでしょう。

 

 

事故が起こった原因について

事故の原因については現時点では公開されておりません。

 

原因が公開され次第追記していきます。

 

またGoogle Mapsで保育園前を調べた所

 

保育園の前の道路は片側2車線の直線道路で、トラックは反対側車線から園舎に突っ込んだようです。

 

計画的犯行だったのか、もしくは運転手は病気を患っておりそのまま突っ込んでしまったのか。真相はわかりません。

 

 

 

スポンサーリンク



 

運転手のプロフィール

運転手のプロフィールをまとめました!

名前 不明
年齢 不明
住所 不明
職業 トラックの運転手

現時点で名前などの情報は公開されておりませんでした。

 

トラックの運転手といったことしたわからないので、情報が入り次第こちらも追記していきます。

 

なので顔画像も公開されておりません。

事故が起こったトラックは?

トラックの大きさについて公開はなかったのですが、

 

衝突したトラックの画像を発見しました!

 

それがコチラ⇩


引用元:Infoseek 楽天 NEWS

 

画像でみると結構大きいですね…。

 

4tのトラックくらいはあるのでしょうか。
怪我人がでなかったのは奇跡的だったと思います。

 

 

 

スポンサーリンク




 

ネットの反応は?

ネットの反応を見てみました!

■一歩間違えたら大惨事だったね
大袈裟な見出しかと思っていたけど映像を観てビックリしました
園児や職員に怪我が無かったのが幸いだけど
一報を聞いた親御さんは相当ショックで気が気でなかったと思う

■車線をまたいで保育園へ突っ込んだとなると、先日に沖縄でダンプカーが中央分離帯を越えて対向車線に進入し、何台かの車にぶつかり親子二人が亡くなった事故がありました。今回の事故はそれと状況が少し似ている気がします。おそらく急性の疾患か何かで一時的に意識を失ったんでしょうか?。

■とにかく幼児や保育士等々が無事で良かった
自身も車を運転する身であってよそ見やスピードの出し過ぎには気を付けようと思う

■園児に怪我などが無くて良かった。保育士の皆さんは大丈夫ですか?
本当に本当怖い事故。
再発防止を願います。

■散歩などで欠けるタイミングに万が一でも遭遇すれば大惨事にもなりかねなかっただけに巻き込まれたような感じがないのは不幸中の幸いですね。

さっきテレビのニュースでもやってました。園児や園の方に怪我人がなくて何よりでした。

引用元:Yahooニュース

一報聞いた親御さんの心境のコメントがありましたが、本当にショックだったでしょうね。

運転手は急性の疾患で意識を失ったという予想のコメントがありましたが、可能性は大きいですね。

 

まとめ

事故はいつどこで起きるかわかりませんね。

 

病気を患っている方はあまり乗らないでほしいですね。
それは難しいと思うので、今一度運転手は注意をして、また体調が万全の状態で運転してほしいと思います。

 

このような事故が今後起きないことを心から願っています。