事件・事故

丸洋子容疑者の顔画像を公開!夫をノコギリで殺害?長年の恨み?神奈川県

2021年3月5日(金)神奈川県茅ケ崎の自宅で夫である寿雄さん(83)をノコギリで殺害したとして

 

妻の丸洋子容疑者(76)を殺人容疑で逮捕しました。

 

丸洋子容疑者の顔画像や事件現場や動機について調べました!

スポンサーリンク



 
 

事件の内容

2021年3月5日(金)神奈川県茅ケ崎の自宅で夫である寿雄さん(83)をノコギリで殺害したとして

 

妻の丸洋子容疑者(76)を殺人容疑で逮捕しました。

 

事件の詳細はこちら⇩

夫をのこぎりで切りつけるなどして殺害したとして、神奈川県警茅ケ崎署は6日、殺人の疑いで、同県茅ケ崎市菱沼の無職、丸洋子容疑者(76)を逮捕した。容疑を認めている。

逮捕容疑は、5日午前11時ごろ、自宅で夫の壽雄さん(83)に約2時間にわたって馬乗りになり体を抑えつけたうえで、首をのこぎりで切り付けるなどし、殺害したとしている。

同署によると、丸容疑者は壽雄さんと息子の3人暮らしで、息子は事件当時、外出中だったという。同日午後8時すぎ、丸容疑者が自ら110番通報した。取り調べに「暴力やお金を入れてくれないなど、長年の恨みから夫を殺害した」などと供述しているといい、同署が詳しい経緯について捜査を進めている。

引用元:産経新聞

夫を殺害するといった悲しい事件がおきました。

 

寿雄さんが寝ている所を馬乗りになり、抑えつけた上でノコギリで犯行に及んだようです。

 

想像するだけで鳥肌が立ちますね。

 

何故このようなことをしたのでしょうか?

長年の恨みからの犯行?

動機について警察の取り調べではこのように答えております。

 

「暴力やお金を入れてくれないなど、長年の恨みから夫を殺害した」
引用元:産経新聞

 

どうやら丸洋子容疑者は夫からのDVを受けていたようですね。
精神的に追い詰められ、このような行動を起こしてしまったそうです。

 

他に方法はなかったのでしょうか。
どのくらいの期間耐えていたかわかりませんが、離婚という手もあったでしょう。
その考えもできないくらい追い詰められていたのかもしれませんね。

 

より詳しい情報が出次第、こちらに記載していきます!

 

スポンサーリンク



 
 

事件現場は?

事件は神奈川県茅ケ崎市菱沼3の自宅で起きたようです。

 

ニュースで住宅の外観の写真がありました。

 

引用元:日テレニュース

外観はきれいです。
わりと新しいお家なのでしょうか。

 

正確な場所までは特定できませんでしたが下記枠内にあります。

 

丸洋子容疑者のプロフィール

丸洋子容疑者の情報をまとめました。

名前 丸 洋子(まる ようこ)
年齢 76歳
住所 神奈川県茅ケ崎市菱沼3
職業 無職
容疑 殺人

 

子供がいたのかどうかは、現時点で公開されておりませんでした。

 

こちらは分かり次第公開していきます。

寿雄さん(夫)のプロフィール

名前 丸 寿雄(まる としお)
年齢 83歳
住所 神奈川県茅ケ崎市菱沼3
職業 無職

 

寿雄さんの情報は上記のみでした。
暴力やお金を渡さないといった人なので口数は少なく頑固な人でしょうか。
そういったイメージになってしまいます。

 

丸洋子容疑者の顔画像は?

丸洋子容疑者の顔画像を調べた所こちらは公開されておりました。

 


引用元:日テレニュース

 

見た目は年齢相応ですね。
馬乗りになって殺人を犯す人に見えません。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

ネットの反応は?

ネットの情報をまとめました。

■殺したいほど憎ければ離婚すれば良いのにって云う人がいるけど、昔の人って中々離婚出来ないものなんだよね。
世間体とか金銭問題とか。
長年の恨み分かる気がする。
だけどここまで我慢したのだから、例えば弁護士に相談するとか息子さんに助けを求めるとかして欲しかった。
そんな旦那のために手を汚す事なかったのに、残念

■我慢に我慢を何十年も重ねて、
年齢的にも理性の抑制すら限界だったのでしょうね。もうすぐ自由になれたかもしれないのに、
人生最後の最後で人に裁かれる人生になるなんて、気の毒です。これから年配になっていく女性は、自分のエネルギーがまだある内に
悪い旦那さんからは逃げなくちゃですね。。。

■積年の恨みはらしたり。
残りの人生をかけて一番やりたかったことを実行したのだろう。

■誰にも相談できなかった。
体裁があった。
離婚しても自立できなかった。
これだけで十分心は壊れます。辛かっただろうな。私、別れてなかったら同じこといつかしてたかも。別れてよかった。

■積年の恨み。虎視眈々とその時を待っていたのか。と勝手な想像ですが、世代的にも我慢することが多かったのかと思われます。
包丁で刺す選択もあり、敢えてノコギリとは。私は、早めに独り身になって、よかったかもしれない。

■色々な対策を考えてみても、それは私たちの考えてる事であって、当人にとっては夫を殺す事でしかこの状態から逃れる術は無かったのでしょう。
他の事なんか考えられなくなるくらい。

引用元:Yahooニュース

様々な意見がありました!

 

コメントにもありましたが相談できる人が近くにいれば変わったかも知れませんね。

まとめ

とても悲しいニュースでした。

 

DVなどはなくならないです。
追い詰められる前に何かしら助けを求めてください。

 

少しでもこのような事件がなくなることを祈っています。