事件・事故

小松光利容疑者の顔画像は?小学校特定!教師が覚醒剤所持?理由は?

2021年2月8日、札幌市北区にある自宅に覚醒剤を所持していた疑いで

 

小松光利容疑者(57)を逮捕しました。

 

小松光利容疑者の顔画像や、所持していた理由、勤務先をまとめました。

スポンサーリンク



 
 

事件の概要

2021年2月8日、札幌市北区にある自宅に覚醒剤を所持していた疑いで

 

小松光利容疑者(57)を逮捕しました。

 

事件の詳細はこちら⇩

札幌市の小学校の教諭が自宅に覚醒剤を隠し持っていたとして逮捕されました。警察が入手先などを調べています。

逮捕されたのは、札幌市立篠路西小学校の教諭で、札幌市北区に住む小松光利容疑者(57)です。
警察の調べによりますと、小松容疑者は今月8日、自宅の寝室におよそ0.1グラムの覚醒剤を隠し持っていたとして、覚醒剤取締法違反の疑いが持たれています。
認否については明らかにされていません。
また、警察によりますと、小松容疑者は勤務先の小学校で1年生のクラス担任をしているということです。
警察が入手先などをさらに調べています。
教諭の逮捕を受けて、札幌市教育委員会の長谷川雅英教育長は「子どもたちの教育に携わる学校職員が逮捕されたことは大変遺憾であり、極めて深刻な事態であると重く受け止めている。今後、速やかに事実関係を確認し、厳正に対処する」とコメントしています。

引用元:NHKニュース

最近教師が犯罪に手を染める事件が多いですね

 

小学校で勤務していた、小松光利容疑者の自宅に0.1グラムの覚醒剤を隠し持っていたことが
わかり逮捕されたようですね。

 

理由などは公開されているのでしょうか?

覚醒剤所持の理由

覚醒剤所持の理由について現時点では公開されておりませんでした。

 

分かり次第コチラは追記いたします。

 

ただ小松光利容疑者は小学1年生の担任をしております。また寝室に覚醒剤が置いてあったことで考えられるのは、ストレスだと思われます。
ストレスで眠れなかったのか、覚醒剤を使用することで眠れるようになったのか。

 

想像でしたかないので情報が分かり次第公開していきます。

 

覚醒剤の効果

覚醒剤の効果について調べました!

 

覚醒剤には神経を興奮させる作用があり、乱用すると眠気や疲労感がなくなり、頭が冴えたような感覚になります。しかし、そのような効果も数時間で切れ、その後は激しい脱力感、疲労感、倦怠感に襲われます。

覚醒剤は特に依存性が強く、乱用を続けると、壁のシミが人の顔に見えたり、いつもみんなが自分の悪口を言っている、警察に追われている、誰かが自分を殺しにくる、といった幻覚、妄想が現れるなど、精神に異常をきたし、時には錯乱状態になって発作的に他人に暴行を加えたり、殺害したりすることがあります。そして、このような精神障害は、乱用をやめても長期間にわたって残る危険性があります。

また、大量に摂取すると、急性中毒により、全身けいれんを起こし、意識を失い、最後には脳出血により死亡する場合もあります。
引用元:千葉県警察

 

覚醒剤を使用すると眠気や疲労感がなくなり、頭が冴え渡ったような感覚をになるそうですね!
そうなると寝る前に飲んでいたのではなく、出社前に飲んでいたかもしれませんね。

 

覚醒剤は依存性や強く、乱用すると幻覚が見えてくるそうです。
このまま逮捕されなければ、子供に被害が及んでいたかもと考えるとゾッとしますね。

勤務先の小学校は?

勤務先について公開されておりました!

 

【札幌市立篠路西小学校】で勤務していたことがわかりました。

 

ニュースで報道されていたのはコチラです⇩


引用元:HBC

 

Google Mapsで調べたものはコチラ⇩

 

子どもたちを教育する立場の人間が犯罪に手を染めるのは悲しいですね。

 

 

スポンサーリンク



 
 

 

 

小松光利容疑者のプロフィール

小松光利容疑者の情報をまとめました。

名前 小松光利(こまつ みつとし)
年齢 57歳
住所 北海道札幌市北区あいの里

職業 教師
容疑 覚醒剤所持

結婚していたのかどうかはわかりませんでした。

 

 

覚醒剤所持の罪の重さ

覚醒剤所持の罪の重さを調べました!

 

どうやら、自己使用、所持、無償の譲り渡し、無償の譲り受けの法定刑は、10年以下の懲役のようでした。

 

ただ使用量が少ない場合と初犯の場合に限り、懲役は1年6ヶ月に、執行猶予3年程度判決になることがほとんどだそうですね。

 

しっかりと罪をつぐなってほしいのと、依存性が強いようなので治療期間も兼ねて罪を重くしてほしいです。

 

スポンサーリンク



 
 

小松光利容疑者の顔画像やSNSは?

小松光利容疑者の顔画像については公開されておりませんでした。

 

こちらは公開され次第記載します。

 

Facebookで【小松光利】と検索しましたが

 

アカウントを見つけることはできませんでした。

ネットの反応

ネットの反応はどのようになっているのでしょうか

■教員が覚醒剤って…どこで手に入れるんだろう?
夜職ならまだしも…昼職でしかも公務員で…
とは言っても、私すすきのでホステス10年以上やってたけどそんな誘惑いっこもなかったな。

■クスリを打つことで心を落ち着かせていたのかな?
あの芸能人もそうだけど、入手ルートを自供するまで裁判延期にならないかな

■覚醒剤などの違法薬物取引は、「自分はバレないから大丈夫」とは考えない方が良い。どんなタイミングで自分の入手経路を警察にマークされるかなんて、ごく普通の民間人が気付くことはできない。
依存症の危険性や逮捕に怯えながらの生活など、数々のデメリットがあることを考えれば、手を出さないに越したことはない。

■どうしてバレたのかな。誰かのタレコミかな。ずっと以前からマークされてたんだろうな。

■公務員は罰を重くしましょうよ。給料高くしてさ。
ヤフーニュースが真実なら教員のわいせつや薬物事件が多くないですか?
業種別にして統計とったらやばい説

 

引用:Yahooニュース

所持していたのがバレた理由について、気になっているコメントなどありました!

 

すでに幻覚作用が出ていたのかも知れませんね。そこで不審に思った人が警察に通報したのか。

 

スポンサーリンク




 

まとめ

教師は保護者対応や仕事量が多く、そのストレスで犯罪に手を出してしまう人が多いのかも知れませんね。

 

今後このような事件が少なくなることを祈っています。