事件・事故

川上将秀容疑者の顔画像や経歴!殺人未遂事件になった詳細を公開!

2020年12月31日、神奈川県厚木市で男性を車のボンネットに乗せたまま発進し

殺害しようとした疑い

 

川上将秀容疑者(24)を殺人未遂の容疑で逮捕されました。

 

川上将秀容疑者の顔画像や経歴、フェイスブックや事件の詳細など詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク



 
 

事件の内容


引用:Yahooニュース

 

2020年12月31日、神奈川県厚木市で男性を車のボンネットに乗せたまま発進し

 

殺害しようとした疑い

 

川上将秀容疑者(24)を殺人未遂の容疑で逮捕されました。

 

 

事件の詳細はこちら⇩

男性をボンネットに乗せたまま普通乗用車を発進させ、振り落として殺害しようとしたとして、神奈川県警厚木署は31日、殺人未遂の疑いで、同県厚木市船子の飲食店経営、川上将秀容疑者(24)を逮捕した。「怖くなって車を発進させただけで、殺すつもりはなかった」と容疑を否認している。

逮捕容疑は30日午後10時5分ごろから同20分ごろまでの間に、同市中町の路上で、アルバイトの男性(58)をボンネットに乗せたまま車を発進させ、およそ500メートル走行したうえ、同市旭町の路上で男性を振り落とし、殺害しようとしたとしている。

同署によると、川上容疑者は男性の知人に約100万円の借金があった。このため、男性が返済を求めて川上容疑者の車の前に立ちふさがったところ、川上容疑者は車を発進させたという。男性は鎖骨骨折などの重傷を負った。
引用元:産経新聞

年末に起こった事件ですね。

 

男性が川上将秀容疑者に借金返済の話をしようとしたところ
車を急発進したそうです。
その後500m走行し男性を振り落とし男性は鎖骨骨折で重症です。

 

どんな事件にも関わってくるのが「お金」ですね。
川上将秀容疑者は「怖くなって車を発進させただけで、殺すつもりはなかった」と述べてますがあまり信じられませんね。

 

ただ怖くなってということは、男性がよっぽど悪質な取り立てをしていたか、トラブルがあったのかもしれません。

 

川上将秀容疑者が借りていたお金は『100万』とのことです。

 

川上将秀容疑者のプロフィール

名前 川上将秀
年齢 24歳
住所 神奈川県厚木市船子

職業 飲食店経営
容疑 殺人未遂

川上将秀容疑者は飲食店の経営をしていたようですね!

 

このコロナの中で不況だったのでしょう。そこで経営がうまくいかず、お金を貸した男性が取り立てに来た。

 

そういったイメージもつきますね。

 

 

スポンサーリンク



 

川上将秀容疑者の顔写真やフェイスブック

川上将秀容疑者の顔画像は公開されているのでしょうか?

 

調べてみたところ、現時点では公開されていませんでした。

 

公開され次第、追記していきたいと思います!

 

またフェイスブックで「川上将秀」とアカウント検索したところ

 

本人かどうかわからないですが、気になるアカウントはありました

 

不確定なのでここには掲載はいたしません。

 

 

事件があった現場は?

事件があったところは神奈川県厚木市船子です。


引用元:Yahooニュース

 

500m走行したといったことなので上の画像周辺なのではないかと考えられます。

 

ネットの反応

ネットの反応はどのようになっているのでしょうか

■金の貸し借りで損するのは絶対に貸したほう。
借りたほうは開き直り、無いものは返せないと逆恨み、下手すると貸したほうが殺される。
金のないヤツとは関わらないのが一番。
そもそも貸してくれと言ってくる時点で相手をナメてると思う。

■うちのばあちゃんは、「金を貸すならくれてやるつもりでいろ、返してもらおうと思うな。それが嫌なら貸すな」と言っていた。
個人間の金の貸し借りは揉める原因でしかないからね。
よっぽどの信頼関係があれば別だけど。
お金が絡むと信頼関係も崩れちゃうよね。

■借金が返済出来ないのでボンネットに乗せ走ったんでしょうね。
頭がおかしいとしか言いようがないです。
こういう奴には厳しい罰を与えて欲しい。
被害者は状態が良くなる事を願います。

■こういう人って、パチンコやタバコ・高級車などはお金を払うが、
借金の返済をしようと考えない。
それは返済をしなくても誰も困らないと考えているから。
普通の人は、借金をしなくても済むようにお金の使い方を考えて、
身の丈に合った生活をします。
こういう人にお金を貸した方が失敗ですね。

引用元:Yahooニュース

 

やはりお金のことのコメントが多く感じられました。

 


スポンサーリンク



まとめ

お金の貸し借りにはいつもトラブルが起きます。

お金の切れ目は縁の切れ目なので、いくら信用できる人であっても貸したくはないですね。