ニュース

三遊亭多歌介さん54歳で死去!原因や病名は? 悲しみの声が殺到

落語家の三遊亭多歌介(54)さんが27日に死去したといった報道が2021年8月29日に
ありました。

 

最近有名な方が亡くなったといった報道は多いですね。

 

今回はそんな三遊亭多歌介さんの病名や悲しみの声・プロフィールをまとめていきたいと思います!

 

スポンサーリンク



 
 

 三遊亭多歌介さん死去報道

落語家の三遊亭多歌介(54)さんが27日に死去したといった報道が2021年8月29日に
ありました。

 

詳しくはコチラ⇩

落語家の三遊亭多歌介(さんゆうてい・たかすけ)さん(本名・栗原史郎=くりはら・しろう)さんが27日午後2時40分、新型コロナウイルス感染症のために亡くなったと29日、落語協会が発表した。54歳だった。東京都出身。通夜・告別式については未定。家族も感染して療養中だという。

引用元:日刊スポーツ

 

三遊亭多歌介さんはどういった方でしょうか。

三遊亭多歌介さんのプロフィール

引用元:ORICON NEWS

 

三遊亭多歌介さんについてまとめました!

名前 栗原史郎 (くりはら しろう)
名跡 三遊亭多歌介
生年月日 2021年8月27日(54歳没)
出身地 東京都江東区
職業 落語家
活動期間 1983年 – 2021年
公式サイト 三遊亭多歌介 – 落語協会

芸歴⇩

引用元:wiki

 

 

 

スポンサーリンク




 

 

死去原因+病名は何?

今回何かしら病気だったのでしょうか?

 

こちらは調べてみるとどうやらコロナウイルスに感染していたようでした。

 

 

27日午後2時40分、新型コロナウイルス感染症のために亡くなったと29日、落語協会が発表した。

引用元:日刊スポーツ

 

それを公表するなら
持病の有無や
ワクチン接種済みなのか書かないとね

 

基礎疾患の有無、喫煙の有無、ワクチン接種の有無(接種時期も)。
いい加減、報道するなら、書いて。

 

しゃれにならん。
ワクチン打てば、副作用で命を失いかねず、かと言って感染すれば、元気な働き盛りもコロっと逝ってしまう。
ウイルスが武漢研究所由来だと立証されたら、この責任を徹底的に追及してもらいたい。
この若さで生涯を閉じることになろうとは、ご本人、ご家族の無念は如何程だろうか。
心よりご冥福をお祈りいたします。

 

結局は、ワクチン接種2回終了していてもコロナに感染して亡くなる可能性はある。
ワクチン接種していなくて、コロナに感染して重症化し亡くなることもありうる。どちらのリスクを選ぶのか。自分は接種することを選びました。もちろん、それで安全てことはなく。
できる限りの、自分でできる対策を続けていくしかないです。

 

引用元:Yahooニュース

 

基礎疾患があったのかはわかりませんでした。

 

もしかしたら高血圧だったかもしれませんね。

 

悲しみの声が殺到・ネットの声

今回の死去報道で沢山の人が悲しんでおります。

 

ネットでは⇩

 

圓歌一門は歌之介さんの4代目襲名、歌る多さんの愛弟子の相次ぐ真打ち昇進など、明るい話題が続いていただけに本当に残念です。多歌介さんは芸風こそ地味でしたが、一門の参謀として麹町の師匠をよく盛り立てていたようですね。ご冥福をお祈りいたします。

 

惜しい人を亡くしました。また一つの時代が終わりましたね。今の落語界があるのはこの方のおかげと言っても過言ではない。彼はとても努力家でした。

 

ご本人のフェイスブック、拝見させていただきましたが、ワクチンは否定も肯定もしないとコメントされていますが、効き目がないとも書かれていて、このコロナ禍の対策や制限に対して否定的なお考えだったようですね。
自分の仕事や収入に大きく影響があったりで、身の回りに重症者がいないと、コロナは大したことないと思いたくなってしまうのかもしれません。

 

お若いのにとても残念。
ご家族も闘病中の中お亡くなりになられたなんて、察するに余りある…。

感染してしまったことで
何かの口火を切ってしまい
命を落とすことがあるこのウイルス。

こんなに発生からだいぶ経つのに
悲しいことが多いのは
辛い。

もうそろそろ、何か対応出来る手立てや医療がないのか…と思う。感染しないことでしか命を守れないのは…現実として無理なのではないか。

引用元:Yahooニュース

 

 

スポンサーリンク




 

まとめ

三遊亭多歌介さんについてまとめました!

 

こういったニュースはとても悲しく思います。
50代といった若さで….

 

早くコロナがおちついてほしいと心から願うばかりです。

 

 

三遊亭多歌介さんのご冥福をお祈りします。