国内ニュース

伊藤竜也さん死亡、大森祐一さん重傷、バイクでジャンプ失敗?愛知県

愛知県豊田市にあるオートバイのオフロードコースでバイク2台が衝突し

 

伊藤竜也さん(48)死亡しました。

 

大森祐一さん(44)は重傷とのことです。

 

 

事故の詳細、2人のプロフィール、事故現場など含めまとめました!

スポンサーリンク



 
 

事故の概要

愛知県豊田市にあるオートバイのオフロードコースでバイク2台が衝突し

 

伊藤竜也さん(48)死亡しました。

 

大森祐一さん(44)は重傷とのことです。

 

事故の詳細はこちら⇩

愛知県豊田市にあるオートバイのオフロードコースでバイク2台が衝突し、1人が死亡、1人が重傷を負いました。

21日午前10時半ごろ、豊田市国谷町のMXフィールドトヨタを走行していたオフロード競技用のバイクが転倒し、後続のバイク1台が衝突しました。

この事故で転倒したバイクを運転していた名古屋市北区の会社員、伊藤竜也さん(48)が病院に運ばれましたが、およそ3時間後に死亡が確認されました。

また後続のバイクを運転していた三重県桑名市に住む大森祐一さん(44)も病院で手当てを受けていますが、重傷ということです。

亡くなった伊藤さんはバイクでジャンプした後、着地に失敗したとみられ、警察が当時の状況を詳しく調べています。

引用元:CBCニュース

2021年2月21日(日)午前10時半に事故が起こったようです。

 

豊田市国谷町のMXフィールドトヨタで、競技用のバイクを走行していたようですね。

 

一台がジャンプで着地を失敗し、転倒して、後の一台が衝突してきたようです。

 

バイクでジャンプは事故が起こっても仕方ないですよね。間隔を開けて走行しなければ衝突事故が起こるのは当然ですね。そのあたりは決まりなどなかったのでしょうか。

 

事故の現場について

事故は愛知県豊田市国谷町のMXフィールドトヨタで起こったようです。

 

ニュースで報道されていたものはコチラ⇩

 

引用元:CBCニュース

 

場所はコチラになります⇩

 

 

豊田市の周りは自然豊かのところでやるのですね。

 

 


引用元:Google Maps

 

走行している様子は上のような感じでした!

 

車間距離は近いですね…
土なので結構滑りやすいのではないでしょうか。

 

ジャンプする場所もあるとなると非常に怖いですね。

 

スポンサーリンク



 
 

 

走行動画について

事件とは関係ないですが、MXフィールドトヨタで走行している動画がありました。

 

あまりスピードは出していないにしろ急な斜面があったり、

 

見通しが悪い場所などもありました。

 

 

これでは転倒したときわからないですよね。

 

色々とルールはあると思いますが怖いなと思いました。

 

伊藤竜也さんのプロフィール

伊藤竜也さんの情報をまとめました。

名前 伊藤竜也
年齢 48歳
住所 愛知県名古屋市北区

職業 会社員

上記の情報のみ公開されておりました。

 

大森祐一さんのプロフィール

大森祐一さんの情報をまとめました。

名前 大森祐一
年齢 44歳
住所 三重県桑名市

職業 不明

三重県から来ている人もいるんですね、

 

スポンサーリンク



 
 

 

ネットの反応

ネットの反応はどのようになっているのでしょうか

■こういう事故って、スキーやスノボーなんかでもあるあるなんだろうけど、バイクともなると危険度が桁違いだろうから…
ただ、無免許二人乗りの少年だとか、公道でのレース紛いの危険走行中ではなく、競技(練習中?)での事故なので、誰を責めたりはできないし、不可抗力なんだろうね…亡くなられた方の御冥福をお祈りします。

■たいへんお気の毒なことで、ご冥福をお祈りします。
モータースポーツでは、たんにアクシデントとして済ますべき。ご本人も、そう思っているに違いない。
観客を巻き込むことでないかぎり、コース運営者の責任問題とならぬことを望む。
そうでなければ、このスポーツは尻つぼみになってしまう。

■どんなに気をつけていてもオンオフ、どこでも転倒するとダメージは車の比じゃない。防具を纏っていたに違いないけど、不運だったね。
後続のライダーもバイクを降りることになるかもしれない。人身事故って、それほど尾を引くものだ。とにかく故人には、ご冥福をという以外に言葉もない。
国有地や私有地を問わず山林へ入り、我が物顔で土地を削るオフ車は好きになれない。だけどこういう正規のコースで乗車テクニックを身につけることは良いことだと思う。オフライドは路上以上に体力を求められるしね。レースであろうが練習走行であろうが、今回の事故だって、そんな乗車の上でのトラブルを未然に防ぐ訓練も兼ねていたはずだから。
自分も病気で降りてから一年以上が経つけれど、次にはいつ乗れることやらと焦る。
現役で走れる人には、ぜひ安全と体力維持に努めて楽しく乗ってほしいな。

■モトクロスはジャンプ台の先が見えないから、着地地点での転倒はめっちゃ危険。転倒しているのをオフィシャルが黄旗で知らせても、後続がジャンプしてしまっていたら、もう避けられない。

■お亡くなりになった方のご冥福をお祈りします。
レベル別に走行を分けても、転倒したところに走ってこられたらオンもオフも大事故につながる。自分は趣味でオンのサーキットを走るが、重大事故は単独転倒よりも転倒プラス後続車衝突が多い。イベント時のようにドクターヘリを準備すると走行料が跳ね上がるし、立地も郊外が多いから重傷者が出れば搬送で時間がかかり命が危うくなる。

■モトクロスでのジャンプで転倒、後続車が飛んできた来たときの恐怖は凄まじい
しかしモトクロスでの死亡事故はオンロードに比べたらかなり少ないはず
余程悪いことが重なってしまったのだろうな

引用:Yahooニュース

ジャンプで転倒後の後からバイクが飛んできたときは恐怖とコメントがあったのですが、

ほんとそうですよね。鉄の塊が飛んでくるのですから。

 

スポンサーリンク




 

まとめ

悲しい事故でした。

 

サーキットがある以上、こういった事故は起こると思います。

 

経営側がしっかりと決まりを厳しくし、事故が起こらないよう変わってほしいなと思います。

 

今後このような事故が少なくなること、また大森祐一さんの回復を願っています。

 

最後に亡くなられた伊藤竜也さんのご冥福をお祈りします。