事件・事故

石川豊容疑者の顔画像や経歴!井手龍成さんの事故死した原因を調査!

2021年2月3日、埼玉県川越市六軒町の県道交差点で高校生が運転していたバイクに
準中型トラックが衝突し井手龍成さん(17)が亡くなりました。

 

石川豊容疑者(50)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しました。またその後容疑を過失運転致死に切り替えてます。

 

石川豊容疑者の顔画像や経歴、事故が起こった原因などを含め徹底調査しました!

スポンサーリンク



 
 

事件の内容

 

2021年2月3日、埼玉県川越市六軒町の県道交差点で高校生が運転していたバイクに
準中型トラックが衝突し井手龍成さん(17)が亡くなりました。

 

 

石川豊容疑者(50)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しました。またその後容疑を過失運転致死に切り替えてます。

 

 

 

事件の詳細はこちら⇩

3日朝、川越市の県道交差点で、トラックとオートバイが衝突し、オートバイを運転していた17歳の男子高校生が死亡しました。

3日午前5時58分ごろ、川越市六軒町の県道の丁字路交差点で、市内に住む高校生・井手龍成さん(17)のオートバイと右折してきた2トントラックが衝突しました。

井手さんは病院に搬送されましたが、胸などを強く打っていておよそ1時間半後に死亡が確認されました。

警察は、トラックを運転していたさいたま市浦和区に住む会社員・石川豊容疑者(50)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕し、容疑を過失運転致死に切り替え、事故の原因を詳しく調べています。

調べに対し、石川容疑者は、「右折する時に直進してきたバイクとぶつかった」と容疑を認めているということです。

現場は、見通しの良い片側一車線の道路でした。

引用元:Yahooニュース

高校生が亡くなるといった悲しい事故が起きました。

 

3日午前5時58分ごろに事故が起こったようです。その時間帯だと少し明るくなってきたといった時間でしょうか?

 

事故の原因は?

事故の原因を調べました!

 

石川豊容疑者は警察の取り調べに対し
「右折する時に直進してきたバイクとぶつかった」と話しているようです。

 

事故現場は見通しの良い道路だったようです。

 

右折する際は減速して対向車を見るはずですが、それの確認を怠ったのでしょうか?

 

または井手龍成さんが赤信号ギリギリのところを渡ったのが原因で事故になったのか。
原因が歩道されましたら追記していきます。

 

スポンサーリンク




 

見通しのよい事故が現場は?

現場は川越市六軒町の県道の丁字路交差点で起こったようです!

 

下記のどこかで事件は起きました。

 

詳しい現場の詳細がわかりましたら追記します。

 

 

高橋広幸容疑者のプロフィール

名前 高橋広幸
年齢 50
住所 さいたま市浦和区

職業 会社員
容疑 過失運転致死

2トントラックを運転していたとのことで、運送業で勤めていた可能性がありますね。

 

トラックの事故は非常に多いです、あのような大型車が迫ってくると考えるだけで恐ろしいです。

 

スポンサーリンク




井手龍成さんのプロフィール

井手龍成さんのプロフィールをまとめました

名前 井手龍成
年齢 17歳
住所 埼玉県川越市
学校名 不明(高校生)

その他の情報はまだ公開されておりませんでした。

 

17歳とまだ若いのに、親御さんの心境を考えるといたたまれません。

 

高橋広幸容疑者の顔写真やフェイスブック

高橋広幸容疑者の顔画像は公開されているのでしょうか?

 

現時点では公開はされておりませんでした。報道され次第公開します。

 

またフェイスブックで「高橋広幸」とアカウント検索した所

 

複数名ヒットしてどれが容疑者かわかりませんでした。

 

気になる方はコチラ⇩

Facebook

 

事故が起こったトラックは?

 

事故が起きたトラックはまだ公開されておりません。

 

イメージですが2トントラックはだいたい下のような大きさです。
大型トラックに比べると小さいようですね!
それでも自動車と比べると大きいですが…

 

ネットの反応

ネットの反応はどのようになっているのでしょうか

■20年バイク乗ってるけど大きい交差点に先頭で突っ込むときはやっぱり減速する。
この事故も直進優先の場面でバイク側に非があるわけじゃないんだけどそれでも若いライダーにはあえて言いたい。
「相手が悪い、は生きてて初めて言える」
「後遺症残ったらいくら金取れても負け」
短気を起こさず自分が優先でもマージン取ることを心がけましょう。

■残念ながらどんなにバイク側が気をつけても相手の車がルール守らず事故になる場合あるし。バイクの被害が大きすぎる。

■けっこう無茶なタイミングで右折する車が多いからね。見通しの良い道なら速度もそれなりだろう。若い命が失われた。

■右直事故はドライバーは「曲がれるだろう」、ライダーは「待ってくれるだろう」という真反対の意識が引き起こします
ドライバーはバイクが視界にいれば「通り過ぎるのを待つ」、ライダーはクルマが飛び出す前提で速度を落とす
それだけで99.99999%防げます
自分は両方乗るが、常にそれをやってる

■バイクに乗っていますが、交差点は減速しないと。 死ぬのはこっちだから、優先権はあきらめています。
親が煩かったのでバイクの免許を取ったのは25の時ですが 今思うと、それで良かったと思っています

■交差点に入る時はスロットルを戻して、前車と車間距離を取りつつキープライトに徹して対向車に自車の存在をアピールするのを心がけてるね。
ご冥福を祈ります。

引用:Yahooニュース

バイクで事故にあったときの被害が大きいといったコメントを多く見られました。

 

生身の体ですからね、それは死亡につながる可能性は非常に高いです。

 

 

スポンサーリンク




 

まとめ

運転をする以上、誰でもこういった事故は起きます。

 

自分に関係ないと思わないでほしいです。

 

今後このような事件が起きないことを願っています。

 

亡くなった井手龍成さんのご冥福を祈ります。